FC2ブログ

2014/11/24開催 秋季博麗神社例大祭について

どうもみなさまお疲れ様です。ゆらちです。
今回は11/24に開催されます博麗神社例大祭についてです。
当サークルも秋季例大祭に参加申し込みしており、スペースも確保していたのですが、

諸事情により、今回のサークル参加は見送らせて頂きます。

大変申し訳ありません。
また次のイベントに参加できますよう、準備していきたいと思いますので今後とも宜しくお願い致します。


以上

スポンサーサイト



例大祭 参加しました ありがとうございます

モチヅキです、コンバンハ。
例大祭参加してきました。遊びに来てくれた方、ありがとうございました。

この辺で例大祭前に更新してなかったのをスルー仕様かと思ったけど、触れてみる。

今回も色々とお話できて楽しい一日でした。

夜の部にも参加できなかったのが、心残りです。
また夏コミで夜の部に参加したいです。またラインナップの拡充をしたいと強く思いました。
グラス使ってますよーとありがたいお声がけも頂きました。ありがとうございました。

また是非よろしくお願いしますねー。

コミケに参加しーまーすー。 2日目東地区 ピ-12b です。

コミケが目前です。こんばんはモチヅキです。

艦これおもしれーってずーっと飽きずにやってます。おかげでグッズ作りに影響が出る始末。
困った困った。


さてそんなコミケ目前の本日ですが告知です!
2日目 東地区 ピ-12b にて出展します。


持ってく物は!
いつものコイツ!
お品書き

DSC06148.jpg

数が結構マチマチです。なので早くに売り切れる物が出てくると思います。
現在その穴を埋めるべくチマチマチマチマ作ってますがどの程度もってけるかは不明です。

あとはロングタンブラー!
八雲姉妹の紫、藍、ちぇんです。

こっちも数が少ないのがあります。まだまだがんばるよ!
あとは歌仙ちゃんミラーです。
これらはDステージ様で取り扱いがあります。一部売り切れがあるようですが、近いうちに扱いが再開できると思います。

あとは新作です!我々もがんばって見たよ!

こんかいは ロングがこいしちゃんとさとりちゃん。メインです。

koisi.jpg
satori.jpg

コレもあとは数を作るだけです。
最後に一応、先行試販というかたちですが、ショートグラスで優曇華さんが出来ました。
いやーうさみみがいいよねー。

udonge.jpg

こちらはまだ砂をかけてませんが、やはり10個ほど持ってく予定です。

大きいグラスが1200円、小さいグラスが600円 ミラーは3500円の予定です。

さあラストスパートですよ!がんばる!

あとあぶそるーと様のところのコースターを預かりました。こっちの詳細はまだ秘密です。ふっふっふ(モチヅキも何が来るのか良くわかってないのは秘密。)
もってくといったらやっぱりワンオフのガラス細工のグングニルももってくよ!!

誰か買ってくださいこの槍。買わなくても見てってください。

コミケで皆さんとお会いできるのを楽しみにしてます。
それではよろしくお願いしますー。

結構気にしてる人が多いナンカン ローディアックのインプレッション

僕何のモチヅキです、もんばんは。

さてタイトルにあるようにローディアックが気になる人が多いようですので、ちょっとその事を書きます。


結論を先に言っておきますが、お気に入り数直線の中ではビリッケツです。


ロードスマート2>QF2>ANGST>BT023>PR2>>>>>>ローディアック



コレを書いたのが去年の4月なのでまだロードスマート2を履く前の所感です。
つーてもずいぶん前に書いた物に加筆、訂正、削除をした使い切った後のインプレにしたよ。 

さていってみよう!ローディアック、お前を気にしてる人は多いぞ!


 台湾のタイヤメーカー、ナンカン。自動車用のタイヤは過去に実績があるらしいです。加えるとビジネスバイク向けではなくビックバイク向けに参入したようで第一弾のタイヤだそうです。


結論 安くてグリップは一応する。それ以外に良い所を求めるな。それだけのタイヤ。

 重たいバイクで、街中と高速道路しか走らず、走りにこだわらず、安いタイヤを求める人であれば太鼓判を押して大丈夫です。
その条件にぴったり合わないと、選択肢に入れたらいけません。どれか一つでも欠けたらいけません。
 もしくは「俺は安ければそれだけで良い。他は何も望まない。」と言うのであれば太鼓判を押せます。

 また、ローディアックを前後工賃込で量販店で30000円で交換するか。
えー、しません。安売りしてるタイヤのパフォーマンスにも敵いません。
付き合いのあるショップで安いタイヤとしての選択肢としてはありかと思います。そういうタイヤです。

 現在履いてるロードスポーツまで含め今までのタイヤの中で最もつぶれ感がありません。またつぶれません。ぐうの音も出ません。
潰れないので潰そうとしてもイマイチ潰れません。
本当に潰れ感がないです。ケースの剛性が高いのでしょう。

その点別な言い方をすると、しっかり作ってある。と言う事が出来ると思いますが、不必要です。この無駄な剛性。それだけ


 雑誌にはスラロームしても問題ないとあるようですが、少なくともモチヅキは一体なんでそんな事が言えるのか理解に苦しみます。
要は走れるか走れないかというレベルで問題ないと言っているんでしょう。

走行は出来てもタイムは出ないでしょう。無論のことスポーツタイヤと比べてでなく同じツーリングスポーツカテゴリーのタイヤと比べてです。BT023とかエンジェルSTとかロードスマート2と比較してです。それらと同じタイムを出せと言われたらモチヅキには無理です。


 また転がり抵抗が大きいと思います。出だしではっきり判るレベルの差があります。このタイヤにしてから何度もエンストしました。換える前と同じようにスタートしようとしてるのですが、回転数は若干高くしてないといけません。さらに言うとロードスマート2にしてからはこのタイヤの前と同じようにスタートできるようになりました。

 一応潰れ感を出そうとして色々画策しました。まずは空気圧を下げてくと、潰れるようになりますが簡単にネガが出ます。ものすごい無駄に粘ってハンドルの切れ込みが凄く不自然になるし、、転がり抵抗が更に増大します。空気圧を下げた時のフロントの動き方はオカシイです。乗ってて嫌で嫌で仕方ない。

このネガがでないようにするとつぶれ感がありません。
つまりつぶれ感を重視した空気圧の落としどころがありません。ですので空気圧で何とかしてやろうってのはできませんでした。

また空気圧を基準値から上げようと言う気も起きません。


 香川へ高速で行き、峠も行き、街中で乗り、講習会に参加しました。普段有りそうなシチュエーションは満遍なく体験しました。

 街中で乗ると狙ったラインに乗せるのは出来ます。ただANGSTの方がラインに乗せる時の補正が圧倒的に少ない。
ナンカンの方が色々補正します。
バイクを操る感じは多いので、乗った感があります。
しかしそれが良いことなのかというと疑問が残ります。

また講習会のような小さいセクションでは補正しきりません。コレが他社のタイヤと同じタイムが出ない大きな理由です。
セクション内でのコーナリングの最中に内外の足で踏ん張り、バランスをとろうとすると、僅かな内足と外足の荷重の差でゆらりゆらりと揺られて安定しません。色々やってきましたがはじめての経験でした。

空気圧のせいもあるかもしれませんが、いとも簡単に内外のバランスが崩れるのには閉口しました。

コーナリングの最中にずーっとバランスをとり続けてないとならんので、他の操作がお留守になってしまいとてもとてもアグレッシブに攻めようと言う気にはなりません。

無論空気圧を上げる気にはならないので、お手上げです。
以前にCB750(RC42)にダンロップのBT501入れたときの方がまだ走れました。

 少なくともどうしてナンカンのテストライダーはコレでOK出したのか分りません。このタイヤは一応走れるのも事実。けれど走りがどうこうというレベルにないのも事実です。

最後にライフですが、なくなるのは早いです。

ただ、正直に言って全く気に食わないタイヤだったので、早く無くなってくれて助かりました。

何でなくなるのが早いかと言うとロードスマート2のインプレ中に出てきますが「コーナリング中の加重と補正」
がライフには一番痛い要素です。

それをフローにすると

曲がる
 ↓
曲がらないので補正
 ↓
何とか曲がる
 ↓
補正したのでタイヤへの負担大

と言う事みたいです。大変にわかりやすい。

金銭的には厳しいですけど。
 
 もし買うとしたらあと3回はモデルチェンジするか、10年待つかです。ナンカンの狙ってる所がちっともわかりません。

 但しこのタイヤでも得る物はありました。つぶれ感とグリップ感が全く別物だと大変に良くわかります。
これほどグリップすれどもつぶれ感がないタイヤは珍しいです。
ですのでつぶれ感とグリップ感ってなにが違うのって思ってる人は一回くらい入れて見ると何かわかるかもしれません。
そういう意味では大変勉強になりました。ほら、おいしい物ばっかり食べてても、たまに変わった物食べたくなるじゃないですか。

それと同じ同じ。

ステカ カッターホルダー できれば安く使いたいよね。

日本全国がアホみたいに暑いさなかですが、いかがお過ごしですか。
僕何のモチヅキですこんばんは。最近コストコのソファー売り場がお気に入りです。


休みなので更新の頻度を上げるよ!で、今回のネタはステカカッターホルダーです。コイツを何とかして安く上げる方法を模索していきます。結果的には安く上げたのですが、当然そこには紆余曲折がずらりと。

我々僕何ではステカのSV-8を使用してます。ナカナカの優れものです。ですが色々見えてくる点もあります。
特に仕上がりが大きく影響するのは刃の切れ味と、カッターホルダーの動作の滑らかさです。
なので刃とホルダーは両方とも消耗品です。

切れ味が悪くなったり、なんか妙にひっつれたりすると刃が寿命であったり、ホルダーが寿命であったりします。
この刃もホルダーも純正品は個人で使うには結構いい値段してます。
刃とホルダーがそれぞれで6000円くらいします。
でも仕上がりに直結するのでなるべくいい状態で使いたいわけです。


切れ味はわかりやすいのでここでは説明しません、が。
カッターホルダーがちょーっとヤヤコシイ。
公式のサポートには

以下引用

 刃物の中心と刃先の先端の位置のズレている距離がオフセット値です。
 カッティングマシンはオフセットされた刃物をコントロールして刃先の方向を
 変えてカッティングを行います。
 上図のようにオフセット値は規定値より小さいと角が丸くなり、大きいと尖ります。
 
引用ここまで


とあります。が、何でオフセット(ずらしてある状態を言う。)してるのかと言う事は言及がありません。
まずはその理由の説明です。

刃をホルダーの軸中心からオフセットしておくことで、刃が移動した時に平面上でが任意の方向を向くようになるので、シートが任意の形状にカットできます。
要は走行中の自転車、バイクを寝かすと勝手にハンドルが切れるのと同じ理屈です。
台車のキャスターなんかも同じ理由でオフセットしてありますね。


ですのでシートをキレイに仕上げるには、刃のオフセット量が適切であること、刃の切れ味が良い事、ホルダーの状態が良い事が大事なわけです。
つまりカッターホルダーは滑らかに回転しながら、刃を確実に保持しないとならないわけです。

ここまでの事をひっくるめて考えると刃の切れ味と同等以上の重要な要素をカッターホルダーが握っていることが判ります。

このカッターホルダーをなーんとかして安く上げられないかなーってのが今回のネタです。
しかし、重要な部品ですから、仇や疎かにはできません。ここが悩みどころです。


選択肢を挙げてみます。
① ローランド純正ホルダーを使用する。
② サードパーティー製(非純正品)のホルダーを使う。


①場合のメリットデメリット

長所 信頼性が高い。何しろ純正品。品質的にまずい部分は特にない。
短所 値段が高い。樹脂製で6000円くらい。

で②ですが
長所 値段が安い。
短所 信頼性が値段相応。

やっぱり値段と性能はトレードオフの関係があるんですよね。心情的にも納得できます。


ちなみにステカの場合、純正で樹脂物のホルダーと金属物のホルダーがあります。
コレはSV-8の場合仕上がりはどちらも変わりがありません。
なぜかと言うと刃の移動速度が遅いので、ホルダーが変形することがないからです。

プロ向けの機械だと、効率の観点からカットスピードが大事なので、金属でないとホルダーが変形してしまうほどのカットスピードが要求されます。なのでプロ向けの機械はホルダーが金属製なのです。
とローランドDGから公式の回答を得ました。実際に使って見ましたがそのとおりでした。樹脂製のホルダーが付いている製品の場合、金属製にするメリットがないのです。


先ず、モチヅキは②のサードパーティ製の物を買ってみました。

やっぱり安い事は魅力的ですし、手っ取り早い。但し使って見ないとわからないのでコレで使えたらラッキーぐらいの気持ちでしたが、結論として全く使い物になりませんでした。
きっとモチヅキが買ったのはハズレだったのでしょう。
その時の問題点を挙げてみます。

① カットの最中に刃の突き出し量が変化する。
② シートがめくれる。

①については シートををカットしている最中に、ホルダーの突き出し量調整ツマミがシートと擦れてしまい、ツマミが回転し、突き出し量が変化してしまい、最終的には切れなくなります。
コレがシートを2枚もカットすると起こってしまい、調整してんだか、シートをカットしてんだかわかんなくなります。

②ですが、コイツも厄介です。作ったシートがパアになります。①の問題があるので、突き出しを多めにしておくと、シートを鋭角に切る部分でペロリとむけてしまいます。

しょうがないので諦めて次に行きました。
①純正品を使ってみる。です。

純正品はさすがで、カット品質には文句がありません。
だが出費が痛い。キビシイ現実です。

でココでモチヅキは閃きました。

じゃあ、純正品をオーバーホールして 元 に 戻 せ ば よ く ね ?

言うは易し、行なうは難しを地で行く障害が待っていました。

また、分解をした段階で、純正品の問題点もわかりました。
ちゅーか純正品はよくアレをあの値段で出すね。モチヅキはある部分の不出来にのけぞりました。
でも逆にそしたらいけるんじゃあないか、と確信を持ち、試行錯誤をして見ました。
特に刃の加重を受け持つ部品に関しては苦労しました。


モチヅキは現在オーバーホールしたホルダーを使っています。
苦労しただけあり、純正品と全く遜色がない状態に仕上げられました。
現在手元には新品の純正品ホルダーとオーバーホール品がありますが、全く区別がつきません。


純正品では3点で支えてた部品の支持点数が、オーバーホール品では6点となりました。
同じところにかかる圧力が低下するので、動きが滑らかになり、圧力も少なくなるので、寿命の向上が望めます。

また代用品は間違いなく日本メーカーの製品なので、精度も向上しました。確認はしていませんが長寿命化が図れるかと思います。

肝心の費用ですが、純正品よりも安くできました。半分位に抑える事が出来ました。
ただ、部品を揃えるのがとても面倒でした。
このオーバーホールには思わぬメリットがありました。

ホルダーが複数あるとカッティングが捗るのです。これは思わぬ収穫でした。



さて僕何では
この余剰となった部品を利用して、カッターホルダーのオーバーホールを受け付けます。
ローランドDGのXD-CH3の純正品がメインです。

お値段は返送料込みで3000円です。
混乱を防ぐためにお手元のホルダーの発送前にご連絡ください。

お預かりの期間ですが、モチヅキの手元に着てから3日以内に返送します。
お急ぎの場合はお申し出ください。極力対応いたします。


XD-CH2 金属製のホルダーとサードパーティ製のものに関しては後日告知します。

お問い合わせなどがありましたら

bokunan9アットマークgmail.com

までお知らせください。よろしくお願いします。
プロフィール

ゆらち

Author:ゆらち
グラス作ってます。主に東方。
他にも製鉄ごっこにバイクとか色々やってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR